素敵な休日

子ども格差と誤字の沈丁花。

いつもの日曜日。

は、母不在のため、日曜日が月曜日に。

 

 

世の中は三連休らしく、その最終日。

 

 

今日は何だか忙しいらしい。

 

 

岡山に住んでいる母の息子であり私の弟に、

「だって電話とかメールするキッカケ無いんだもん(´・ω・`)

だから何か荷物送って、

届いた?ってメールするっ(*´∀`*)」

と言う全く以て意味不明なお荷物発送の集荷が、まず午前中に来るらしい。

 

 

次に、

”私もくるぶしパンツ買う”

とのメールが来た。

 

 

これは私が先日、新しいPCメガネを買いに行った時、ファッションビルの中にそのメガネ屋があり、

ほー。

最近の若者はこういうトレンドなのね。

ふぅーん。

と螺旋状にビルを上階から眺めながら降りていたら、途中で大声で名前を呼ばれた事が始まり。

 

 

10年以上前に、あるブランドのジーパンを毎月の様に買っていた時期があった。

 

ジーパン専用クローゼットがあったぐらいだから、もっとかな。

 

 

今でも履けるのもあるけど、私史上MAXに体重が重かった頃とも一部重なっており、今ではベルト無くしては履けないジーパンが半分。

 

 

元々ダメージジーンズだったモノを、履くときに足の指が引っかかってダメージが超ダメージになり穴あきジーンズになり、

冬はちょっと寒いな・・・

みたいになってしまったのが更にその半分。

 

 

つまり、今現在違和感なく履けるジーパンは5〜6本。

 

 

その店がそのファッションビルの中に移転して、しかも当時のスタッフの姉ちゃんがまだいて、

かつ外見が163度くらい変わってる私に気が付き、大声で呼び止められ店内に引きずり込まれたのである。

 

 

引きずりこまれて、昔話に花が咲くだけなら、まだ良い。

 

 

「せっかくだから新しいデニムにしなよ〜♪」

「いや、別にいらない。」

「これ今年のトレンドでうちで今めちゃ押しで可愛いの〜!

あ、試着室あっち〜♪」

 

 

は・・・?

 

 

履くの?

 

 

試着、希望してないけど。

 

 

そして試着させられ、

「履いた〜??(同時にカーテン開放)

サイズジャストだね〜!」

 

 

「サイズとかじゃなくて、ジーパンいらないよ。

しかもなんか短いし。」

 

 

「これね!トレンド!

アンクルカットって言ってちょっと折って〜

ほら〜!

めっちゃ可愛い!」

 

 

・・・・・・。

ステテコかっ(ΦωΦ)!!

 

 

「そのデニムにね〜このシューズ絶対可愛いから!!」

 

 

靴いらんし。

デニムもいらんし。

 

 

ていうか、何もいらんし。

 

 

「アウターは〜??

トップスは〜(*^^*)??」

 

 

仕事なのはわかるから、ステテコみたいにちょっと短いジーパンと、履かされた靴を必要もないのに結局購入。

 

 

アパレルもノルマ大変なのは知ってるしね・・・。

 

 

しっかーし。

 

 

10年ぶりくらいなのに良くわかったね。。

と聞くと、

「だって歩き方が!匂いが!」

と。

 

 

私はクサヤか沈丁花か・・・。

 

 

で、その”トレンドのアンクルカットデニム”を我が家で見た母は最初、

「なんか短くてカッコ悪い(´・ω・`)」

と言っていたにも関わらず、

 

 

”私もくるぶしパンツ買う”

 

 

アンクルカットも、母が翻訳したら『くるぶしパンツ』になるらしい。

 

 

更にさらに、

”炊飯器動かなくなったから修理出して直してもらう”

 

 

うん。

それは直してもらおうよ。

 

 

で、今日は何時出発?

 

 

”1時過ぎくらい”

”じゃあ時間わかったら連絡して”

”らい”

 

 

・・・・・?

 

 

”らい。”

 

 

らい・・・?

 

 

そして、弟には連絡を取るキッカケ作りのためにわざわざ荷物を送る母が、私との待ち合わせは『1時過ぎぐらい』なのにも関わらず、13:05。

 

 

”ついま”

 

 

どういう入力の仕方をすると、”はい”が”らい”になり、”ついた”が”ついま”になるのだろう。

 

 

確かに13:05は1時過ぎではあるけど、その前に

”家出たよ。”

とか

”これから行くね。”

とか無いんかいΣヽ(`д´;)ノ

 

 

息子と娘の接し方、180度違うじゃないか。

 

 

 

家電量販店にて

 

 

まずは炊飯器。

購入店へ持込み修理に。

 

 

時刻表示が0:00のままで、どのボタンを押そうが何をしようが反応しない。

 

 

よって、炊飯できない炊飯器はただの釜。

 

 

店舗の担当者は炊飯器をあちこちいじった末、なーんかウダウダゴチャゴチャ言う。

 

 

つまるところ、

「内蔵リチウム電池が切れてるかもしれなくて、でも製品保証期間が2週間前に切れてるからお金かかります」

って事らしい。

 

 

母怒る。

というか半分キレる。

 

 

「でも普通買って一年で電池なんて切れないでしょっ(`Д´#)

炊飯器なんてそう簡単に動かなくなる物じゃないでしょっ(`Д´#)!」

 

 

店側も保証期間が切れた商品に対しては、責任負う義務は無いし責任を負うつもりも無いって態度。

 

その態度に、穏やかな私も静かに穏やかに怒りを覚えた。

 

 

「いや、一年で切れる事もあり得ます。可能性としてはあります。」

 

 

「いやでもね?

普通に考えて・・・(`Д´#)!」

 

 

おかーさーん。

ちょっと待って。

落ち着いて。

 

 

ただのクレーマーになっちゃいかん。

 

 

私に任せて下さい。

 

 

心理戦で行く事に決めた私は、精神的威圧感をじわじわと与えながら交渉開始。

結果、成立。

 

店員が私の正面に座った時点で、勝負は既に決まっていた。

 

 

有償修理になった場合、掛かる費用は明日すぐに電話が来る。

有償修理になるか無償修理になるのか、一週間前後で電話が来る。

修理後、二週間程度で店舗受け取りの電話が来る。

 

 

すべての連絡はその店員から、すべて私に。

 

 

その店員は、なんちゃってウブロの腕時計した、40代後半の白髪交じりの男、澤尻。

 

 

まーそんな感じで、炊飯器は90%無償で修理され、母の元に帰ってくるでしょう。

 

 

はっ( ゚д゚ )

 

 

そういえばその炊飯器、私が買ったんだ・・・( ゚д゚ )

 

 

 

ラーンチ☆Lunch

 

 

たまに違うとこ行こっかー。

 

 

という事で、私の地元に本店がある、懐かしのとんかつ屋さんへ。

 

 

何年ぶりだろ?

7~8年ぶり?

 

どうでもいい事だけど、その本店の隣にある、今や全国展開を果たした回転寿司屋の厨房で、私はバイトしていた。

 

 

回すための寿司のネタを捌いたり、正に寿司を作っていた。

懐かしい・・・。

 

 

店の表に立っている期間限定メニューの旗を見て、母が

サバカツもあるってー(*´∀`*)」

 

 

「アジだよ。鯵。」

 

 

「・・・・(´;ω;`)」

 

 

混雑のため待ち時間アリ。

 

 

 

「今日もう冬物のコート全部洗濯出してきたのっ(*´∀`*)

ほらっ♪

靴も運動靴にして・・・

うぉるぁっ( ゚д゚ ;)!!

お姉しゃんもカッコイイ靴になってるっ( ゚д゚ ;)!!」

 

 

うぉるぁって何・・・?

 

 

「洗濯出したからお金無くなっちゃったの(´;ω;`)」

 

 

「洗濯でお金使う?

クリーニングに出したってこと?」

 

 

「そうさっ(*´∀`*)

クリーニングっ(*´∀`*)

でねっ、夏物のブラウスも出したらタバコで白いのが真っ黄色になってて(´;ω;`)

あれ、ほら。

あれ。」

 

 

「漂白剤?」

 

 

「そうっ!

慌ててお風呂に水張って、漂白剤入れて全部浸けてきたのっ(´;ω;`)」

 

 

そうこう漫談しているうちに、お席へご案内。

 

 

着席。

 

 

むっ・・・。

 

 

「いつもと座る位置逆じゃない?」

 

 

「えっ( ゚д゚ )?

同じだよぉー(*´ω`*)」

 

 

「いや、逆だって。逆。」

 

 

「( ゚д゚ )?

じゃー変わるか( ゚д゚ )?」

 

 

「あっ( ゚д゚ ;)!

ホントだっ( ゚д゚ ;)!

しっくりしたわっ( ゚д゚ ;)!!」

 

 

最近、私は自分で気づいた事がある。

 

 

食べるのは決して早くはない。

食べ物を口に運ぶのも、早くはない。

 

 

が、それ以上に時間がかかっているモノがある事に気づいた。

 

 

生春巻きとかカットステーキとか、今回のとんかつとか、あらかじめカットされて提供される系のモノ。

 

 

カットされていればカットの大きさに関わらず、その1カットをそのまま口に入れる。

 

 

それがとても大きいと、咀嚼に時間がかかる。

 

 

口の中にモノが入っていると喋る事もできないので、会話すべき相手がいる時は食べるタイミングも大切である。

 

 

そして口の中はいっぱいいっぱいだから、モゴモゴしてる時間が長い。

 

 

だから、

全体的に時間がかかる。

 

 

って事に気づいたんだよね。

 

 

と母に告げると、

「そうかもっ( ゚д゚ ;)

でもよくそれ一口で入るよねっ( ゚д゚ ;)

私これ一口で食べようと思ったらはばけるもんっ( ゚д゚ ;)!

 

 

はばける?

 

 

はばけるって何??

 

 

「口からはばける。

はばーけるっ(*´∀`*)♪」

 

 

と言いながら、

『はばー(*゚∀゚)』のところで大きく目と口を開け、

『けるっ( ´∀`)』のところで目を閉じて口が『イーッ』になった。

 

 

何だそれ・・・

余計わからなくなった・・・

 

 

「なんで”ける”の時に目閉じるの?」

 

 

「だって!

いっこ開けたらいっこ閉じないとっ(*´∀`*)♪」

 

 

何だそれ・・・

 

結局、はばけるの意味はよく分からなかった。

 

 

この続きは、

 

 

次号にて(*´∀`*)!

ピックアップ記事

  1. 謎の連休らしきもの。
  1. バースデー

    素敵な休日

    要請という新形態Birthday.
  2. ジュークボックス

    素敵な休日

    母の母の負傷と母と鍋の話
  3. 素敵な休日

    働く女性のお弁当事情のおはなし。
  4. 謎の発言

    まさか、いやまさか。
  5. 素敵な休日

    一点集中分散思考進化型
PAGE TOP