ブログ

タイへの修行2日目

1日目は、当然のようにトラブル続き。

1日目の様子はココ→1日目

 

 

気合いと根性と母の習慣で朝はしっかりと起きるも、足のむくみは取れず、疲れも取れず・・・。

 

 

気絶するように眠りに落ちたホテルのフロントで、母は電話をかけたい旨を伝える。

 

 

「I ウォン tell please?」

 

 

Σ( ̄ロ ̄lll) 

 

 

意味合いはわからなくはないけど、かなり難しいような気がする。。

 

 

すったもんだがありつつもスクールに電話する事が出来て、1時間半くらい掛かるけど迎えに来てくれるとの事。

 

 

よかったよかった。

 

 

何があろうともお腹は減る母と共に、とりあえず朝食を。

 

 

パン2枚、目玉焼き2個、ハム1枚、オレンジジュース&コーヒー。

 

 

何???

このアメリカンイタリアン和風モーニングは。

 

 

全世界対応型モーニング?

まぁいっか。

 

 

微笑みの国と言われるだけあって、ホテルの従業員の人たちも笑顔が絶えない。

 

 

暑いのに・・・。

慣れかというやつか・・・。

 

 

が、しかし。

時間にはルーズらしい。

 

 

わずか30分程度遅れて、電話から2時間後、お迎えのドゥサディー先生到着。

 

 

感動の対面である。

 

 

優しそうで穏やかな人。

 

 

でも身体が全体的に小さくて、マッサージなんて大丈夫でうすか( ゚д゚ )?

と思ってしまう程、華奢。

 

 

 

先生、昨日は空港の出口Bゲートの所で、ずっと待っててくれたらしい。

 

 

ぬぬぬ?

私たち、ずっとCゲートにいませんでした( ゚д゚ )?

 

 

Bゲートも見たのは見たはずが、なぜ会えなかったんだろう。

 

 

まーぁ何とかなったし、良しとしよう。

微笑みの国だし。

 

 

スクールまでは1時間ちょっとかかるらしく、その間にタイのNPO(NGO?)にいる日本人のノリコさんという人に先生が連絡を取ってくれ、翌日には基本的な通訳とか、細かい事を手伝ってくれるとの事。

 

 

有り難やー・・・。

 

 

スクールに着いたら、先生がラーメン(みたいなの)とマンゴーを食べさせてくれた。

 

マンゴー( ゚д゚ )!

美味しいじゃないか!マンゴーったらもうっ( ゚∀゚)!

 

 

またしてもお腹いっぱい。

 

 

先生も少ーし日本語がわかって話せるんだけど、今日はとりあえずと、別のまた少し日本語を話せる男性が、これから長くお世話になる宿まで送ってくれた。

 

 

 

601号室。

私たちが27日間泊まる部屋。

 

 

一生忘れないな、601号室・・・。

 

 

シャワー浴びてすっきりしたら、まず宿周辺に何があるのか軽く散策へ。

 

 

おぉ。

セブンイレブンがある( ゚∀゚)!

 

 

水、便秘対策にヨーグルトで60バーツ。

シーフードピザとラザニア、449バーツ。

 

 

なぜかピザを2枚渡されたから、宿に戻って母と1枚ずつ食す。

 

またしてもお腹いっぱい×2・・・。

 

 

母よ。明日からは節制しましょう。

ピックアップ記事

  1. 謎の連休らしきもの。
  1. カラオケ・イベント

    彼の地で過ごす彼へ。
  2. ブログ

    大切なお知らせ。
  3. 会長

    素敵な休日

    真夜中の蓮鶏クッキング
  4. 素敵な休日

    見えないお札。
  5. 素敵な休日

    世界級迷子と小籠包連打
PAGE TOP